2010年06月05日

満開はまだ先

それから、ベンセ湿原へ。

この時期は、ニッコウキスゲが満開なはず。。。

だが、今年の寒い気候で、満開はまださき、まばらです。

NEC_0782.jpg

一輪一輪は、きれいですが。

NEC_0784.jpg


ノハナショウブ(?)も、まばらです。

NEC_0787.jpg

こちらも一輪一輪はきれいですぞ。

NEC_0785.jpg

湿原の向こうには、岩木山が、おぼろげに見えます。

NEC_0788.jpg

今年の夏には、登るはずだったのに。

登れずに、この青森を去ります。


更に、田舎館村のたんぼアートも見れませんでした。

その脇を車で通って、猿賀神社に向かいます。

NEC_0789.jpg

猿賀神社の8月の蓮池は見事だそうです。

NEC_0790.jpg

これも見れずに去ります。

もうちょっと、滞在したかった青森。

でも、そういう定めだったんでしょうね。

soon続く
posted by lifan at 12:23| ブリスベン ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高山稲荷神社

金木町でランチをしてから向かったのは、

(ランチ場は、良くなかったので、UPしません、

旦那がお腹を下した原因だったかもしれませんし。。。)

高山稲荷神社。

いろいろ歴史がある神社らしい。

 わちきって、あまり詳しいことを記事にしないけど、

 ネットで、名前をコピペして、検索していただければ良いと思っておるので、

 いつもの事ながら、わちきの感想のみです。

ここで、わちきが見たかったのは、朱塗りの鳥居の行列。

神社への階段のもう一つの階段を降りていくと、ありました。

観光ガイドの写真で見るよりも、長く感じます。

NEC_0775.jpg

実は、ここで旦那は、お腹が痛くなり、駐車場に引き返してしまいます。

私は一人で鳥居を潜り抜けて行きました。

NEC_0776.jpg

違う世界にいるみたいです。

本殿?の奥には、こんな景色が広がってます。

NEC_0778.jpg

そのわきには、たくさんのお稲荷さんが対で、奉られていました。

1000体ほどあるのではないでしょうか?

歴史を感じさせられるものばかりで、顔がなくなってしまっているのもありました。

NEC_0779.jpg

その先には、今度はたくさんの祠が並べられていました。

この神社行列が好きなのかな?

NEC_0780.jpg


戻って、

おたまじゃくしがたくせん泳いでいる神池の中心の龍神社に参拝します。

わちきは、稲荷神社に興味を持たない人なのですが、

ここに惹かれて、こうやって来たのは、

やはり龍が好きなせいだったのかもしれないと思いました。

NEC_0781.jpg

soon続く
posted by lifan at 11:48| ブリスベン ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

存在と叡智

青森に滞在できる日数が限られ始めてきた。

旦那も、これから、転勤前で仕事が忙しくなるので、

今回が、青森旅行の最後になる予定。

未だに行けずにいた場所を今回は攻める事にしました。

まずは、金木町の「十二本ヤス」

去年、たちねぷたを見た界隈を通り、車で金木町を走ります。

やはり、標識が少ない。。。舗装されてない道も通りつつ、

正しい道を走っているか不安を抱えつつ、やっとのことで、着きます。

車道からの入り口には鳥居があります。

NEC_0772.jpg

NEC_0769.jpg

自分が想像していたよりは、小さく感じました。

先週見た「関の杉」は、「存在」を感じ、

今回の「十二本ヤス」には、「叡智」を感じました。

NEC_0770.jpg

NEC_0771.jpg

ぼけてしまっているあせあせ(飛び散る汗)

林に見えるけど、一本の根から出ている、数本の枝なんだよね。

soon続く
posted by lifan at 11:11| ブリスベン ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。